人気ブログランキング |

【Coach's Corner!Vol.18】

久しぶりのCCです。


『key to your box of dreams』

So here we are in 2019 and looking backwards for a second paints a reflection of a summer of hard work for Mark Jr. In preparation of the current basketball season. When a person puts in hard work and gives it their everything then that person will have an expectation that what they have prepared for will somehow come true. THEN THERE IS REALITY!!!!!

新しく年が明け、早くも2月に入るところで、
少し去年の夏の息子の練習を振り返っていた。
夏は、今現在進行中の大学でのバスケットボールシーズンに備えていた。
本気で練習をしようと思ったら、すべてを投げうって練習をする。
それが最終的に万全なシーズンする為のベースなんだ。

So this is where I will start. The reality is that Life can at times seem unfair. When you see people get opportunities to achieve based on who they or their parents know and you on the other hand have worked endless hours for those same opportunities only to either not get a foot in the door leaves such a bad feeling. Trust me I know the feeling.

現実に人生は不公平だと思うことが、多々ある。
その人自身またはその人の親が有名な為にたくさんのチャンスがある人間と、
そのチャンスの為に人よりも多くの時間を練習に割いているのに
なかなかチャンスが巡ってこない人間がいる。本当に後者の気持ちがよくわかる。

What I will say is this life is tough, however we have to be tougher. Listen I told Mark J that his path would be difficult because we had no such connections in Japan or here in America. nobody knew him and he is only average height. He would have to come here and make a name for himself in a short amount of time.

人生は、厳しいという事だ。
しかしながらそんな中でも私たちは強くいなければならない。
私は息子のマークJrに言った、彼の(アメリカでの)プロへの道は険しい、
何故なら日本でのコネクションがほとんどなく
(日本では基地の学校に通っていたため日本国内にいながら
日本のバスケットボールのステージでは活躍する機会がなかったので、名前を知られていなかった)
アメリカでも(高校3年生からアメリカに戻ってきた為、アメリカの高校は4年間)
名前を全く知られていなかった。
それにプラス背の高さも平均だ。
本当に短い時間で彼自身をバスケ界に知らしめる必要があったのだ。

So Japan let me clear a few things up. Many folks ask me why he isn’t in a

D-1 school. It’s not that he isn’t talented enough it’s that he only had a very short high school time here in the states. We didn’t have any contacts in America or Japan and so the fact of the matter is everything that he is doing is earned.

ちょっと補足として伝えたい事がある。
たくさんの日本の知り合いたちに、何故マークJrはD1の大学に行かないのだと聞かれる事がよくある。
これは、才能が足りないのではなく、アメリカでの高校生活が極端に短かった為なのだ。
私たちはアメリカに戻ってくるまでアメリカと何のコネクションもなかったし、
日本でもなかった。事実問題、全ては彼の行動に値しているという事だ。

So How do you earn it? You earn it by staying true to your dreams and who you are. You don’t let anyone define you because once people begin to tell you who you are they will then ask you for the key to your box of dreams and they will take them. Work hard and stay focused. Life is difficult and full of troubles. We can expect that. Just as I am preparing Mark for the challenges he will face, I want you to stand firm in knowing that you will face challenges and can achieve. Absolutely you can!! Trust your instincts and throw fear out the window.

さて、どうやったら成功を受けるに値するようになれるか?
自分の夢、自分自身に正直でいるなら、成功を受けるに値するようになる。
周りの誰にも君の夢を語らせるな、
もし一度でも他人に自分が何者なのかを語らせたら、
次には他人に君の夢へのカギを手渡してしまう事になるのだ。

人一倍練習し、自分の夢に向かって集中すること。
人生は難しい、そして色んな困難が待ち受けている。
それらは来るものとして、全部予期しておこう。

息子が直面するであろう挑戦に、私が彼を準備させているように、
君たちが直面している挑戦に少しもぐらつく事なく立ってほしい、
必ず達成できるのだから。

断言しよう、君なら出来る!自分の本能を信じて、恐怖は窓から捨ててしまおう。

I will leave it here for the week and see you guys next week on another coach’s corner

今週はこの辺にして、また次の機会に話すことにしよう。

Coach Mark Burton
President
3nD Burton Basketball Academy

代表コラム【Coach\'s Corner!】_a0326598_14421858.png

# by wsba2014 | 2019-02-02 14:42 | Coach's Corner | Comments(0)

『限定募集!観て、感じて、プレーする!』
NBA観戦&トレーニングキャンプ


チケットを手に出来るのは3名限定!


3nD Burton produceの限定募集です。
今年は地元Jazzとレブロンジェームス擁するLAレイカーズ戦。※1


現地でもプラチナチケット化している為
募集期間と定員は僅かのみです。


加えてコーチ・バートンによる
トレーニングも勿論あり。


コーチの自宅にステイし
栄養管理者による食事提供を受けながら
バスケとアメリカ文化を体験できる1週間です。


NBAを生で見てみたい
本場のバスケを肌で感じてみたい
観て観光するだけじゃなく自分もアメリカのコートに
本物を知りたい


単なる観戦観光ツアーでは
コートにバッシュを履いて立ちたいという
選手としての欲求は満たせません。

観たら絶対やりたくなる。
そんな興奮がNBAのスタジアムにはあります。

うずうずをそのまま現地で。
どうせなら感化されアップテンポになったココロに
そのまま本場のトレーニングを受けて
レベルアップして帰ってきて下さい。


トレーニング施設だってNBAにも負けない
D1大学、米軍基地を使用。
(一般では100%入れない施設です。)


このチケットを手に出来るのは僅か3名のみ。


2/1の〆切までにこのお知らせを目にして
チャンスを取りに行こうと手を伸ばした人だけに。


3nDは
全ての人にもれなくチャンスを提供するのではなく
本当にモチベーション溢れる選手に対して
最高の機会を提供したいと考えています。


新学期、新しいシーズンを迎える直前。
そのままで迎えるか、
自分の中に新しい風を取り込みチャレンジするか
決めるのは自分自身。

さぁあなたならどっちを選ぶ?


<概要>

(日程)2019年3月26日~31日現地時間
(対象)バスケット選手(中学生~二十歳までの大学生)
(費用)150,000-(税込)


(スケジュール予定)
26日 ユタ州ソルトレイクシティ空港着送迎
27日 日中トレーニング レイカーズ試合観戦
28日 午前:トレーニング、午後:ハンドリングクラス
29日 午前:トレーニング、午後:チーム練習参加
30日 午前:トレーニング、午後:観光、ショッピング
31日 ソルトレイクシティ空港より帰国

☆日本時間26日出発、現地26日着
現地31日発、日本時間4/1着となります。
(時差15時間、到着目安は経由地にもよります)


*午後、夜のトレーニングは、
マーク・バートンが運営コーチを務めるクラス、
チームへの参加になります。
(アメリカのバスケット選手たちとの交流ができます)

*午前中のトレーニング時間は、
約1時間~2時間となります。


<滞在先>アメリカ、ユタ州レイトン市 コーチ・バートン宅

*トレーニングは、米軍施設、市ジム等を利用します。
全て車での送迎付き。

『限定募集!観て、感じて、プレーする!』NBA観戦&トレーニングキャンプ_a0326598_14371561.jpg


<費用について>

150,000円(税込)食事三食、送迎、滞在費、
NBAゲームチケット代、トレーニング代、
渡航費用、保険、外出時の飲み物代、お土産代等は含みません。

*各自26日現地ソルトレイクシティ着、
31日帰国便のお手配をよろしくお願いいたします。

*このキャンプは、プライベートトレーニングではなく、
肌でアメリカのバスケを感じるツアーです。
NBA観戦がメインとなりますので費用を抑えております。
また添乗はありません。現地空港へお迎えにあがります。


<申し込みについて>
〆切:2019年2月1日
申込・お問い合わせ:3ndbba@gmail.com


レイカーズ戦はチケットの完売が予想されます為
上記〆切日までにお申し込みを頂いた順に
NBA観戦チケットが確保できるか、残数を確認します。
その後、確認できた時点で、先にお支払い頂き
チケットを確保いたします。

観戦チケット手配が完了した時点で
申し込み完了とさせていただきますので、
各自フライト手配をお願いいたします。

尚、NBAチケットは払い戻しができませんので、
チケット手配が完了した後のキャンセルには
キャンセル料が発生いたします、予めご了承ください。

※1
2/1の時点(もしくはお申込時点)で
既にレイカーズ戦が完売の場合には
29日に行われるワシントンウィザーズ戦を
予定しております。


『限定募集!観て、感じて、プレーする!』NBA観戦&トレーニングキャンプ_a0326598_14045655.jpg



# by wsba2014 | 2019-01-23 14:07 | ホームステイ&トライアウト | Comments(0)

New Season!

明けましておめでとうございます。


World Star Basketball Academyは
2019年1月1日より
3nD(3nD Burton Basketball Academy)」と
名称変更致しました。


米国法人化を視野に入れ
よりハイレベル、より高いモチベーションを持つ
選手及びコーチの育成、
其々が持つギフトを最大化する為に
機会創造の形からシフトチェンジを致します。


3nD=3&D
バスケットボール用語における
3ポイント&ディフェンスという重要な概念と共に
「3person&Delta」という
始まりの3人、
そして人間形成やスポーツを行う上で
最も重要な三つのエレメントである
「MIND(mental)」
「PHYSICAL」
「SKILL」
を示す三角形(Delta)を合わせた名称です。


スリー&ディー、スリー&デルタ、
略称は関わって下さる皆さんの
求めるものにより自由に。


私達は10年先、20年先を見据えて
古きと新しきを合わせ
革新的なアイディアと情熱で
必死で手を伸ばす熱意と才能に対して
夢を目標に、目標を現実のものに
変えていきたいと思っています。


今後ともよろしくお願い致します。


New Season!_a0326598_13185034.png


# by wsba2014 | 2019-01-01 13:20 | The WSBA | Comments(0)

【Final Quarter】

【Final Quarter】


昨日で高校ウインターカップも幕を閉じ
スクールチームの年内イベントは終わりに
なったかと思います。


其々のカテゴリで来春卒業を迎える皆さん
最後のシーズンお疲れ様でした。

其々に沢山の思い出があると思います。


日本の部活はとてもハードですし
良くも悪くもそれを全うしてきた人達は
その経験そのものがきっといつか
これ以上シンドイことはない、
と人生においての強い精神力の元に
なるかも知れません。


頑張れることは素晴らしい才能です。


今日本ではプロリーグが3年目を迎えて
沢山の課題を抱えながらも
リーグ、協会共に何とか前に進もうとしています。


また指導者方々も学びを継続するには
リターンが少なすぎて手弁当の状態が続き
専門的に行うことが非常に厳しい中でも
何とか教え子の為に知識を学び経験を積もうと
もがき苦しんでいるのが伝わって来ます。


本来はコーチの方々こそ海外に渡り
本格的な指導方法を学び
それを日本の流儀と合わせて
よりハイブリッドなものを創成していくことが
進化への最短距離ではありますが
現時点で多くの方が掛け持ち、
メインビジネスを抱えながらの状況では
中々厳しいというのが本音だと思います。

そんな中、次に本当に変化、進化が必要なのは何か?


そう。
選手諸君です。


システムや指導者がいくら頑張って変わろうと
選手自体の姿勢がどこまでいっても受動的で
与えて貰うスタンスでは本当の発展はありません。


プロが出来ました。
同時に夢を描く選手達も増えました。


しかし、プロはそんなに甘いところではない。


お金が無いからバスケを続ける為に
プロになりたい。


残念ですがお金をいち早く稼ぎたいなら
他の仕事を探すことをお勧めします。


夢はプロです。
では君は今何をしている?
ワークアウトの時間はどのくらい?

部活だけです。


すぐに進路変更しましょう。


プロフェッショナルとは
お金を頂いてそれに見合う、その期待値以上の
「仕事」をする人達です。


人と同じ程度の鍛錬、
休みを休みとして遊び寝て過ごす、
流行や欲に流され好きなものを食べる etc…

論外です。


一挙手一投足が注目され
どこに行っても気の休まることはない、
引退するその日まで
身体のメンテナンスを怠らず
常にハイレベルでプレー出来る状態を維持し
24時間365日自分の置かれた環境で
プレッシャーと闘いながら
悩み胃を傷め、体調が悪かろうと
何か辛い出来事があろうとも、
苦しんでいたとしても
それでも待っていてくれるファンの為に
自分を支えてくれる多くの人達の為に
そして自分自身の夢の為に
心技体を整えアリーナに向かい、
シューズを履き、
ユニフォームを纏い、
コートの中で全力を尽くさねばならない。


それがプロフェッショナル。
プロアスリートなのです。


夢を持ち語るのは素晴らしいことです。

ですが容易ならざる世界。
そこには大きな覚悟が必要です。


今の選手諸君を見るに
まだまだその覚悟をもち偉大な挑戦をしようという
そんな人物は本当にごく僅かしかいません。


野球選手を見て下さい。
その殆どが甲子園経験者。
全国大会に出る為に血反吐を吐き
泥にまみれ汗をかき
朝早くから暗くなるまでボールを追いかけて
それでも尚プロになれる選手は一握り。


君は今、
学校に行き勉強もせずにバスケだけしていたらいい、
部活の練習だけでいい、
全国大会に手も届かないけど
プロになれるかも知れない、
もしくはアメリカに留学すれば
その道が拓けるかも知れない、
なんて思っていないだろうか?


そんな自分にご両親やサポーターが
必死になって働いたお金を投資してもらう
価値はあるのか?と考えて欲しいのです。


NBAの選手はもれなく勉強面も素晴らしい。
プロ選手は社会的影響の大きさから
規範にならなければいけない。
リスペクトされる存在になる為に
知性も人格も磨かなくてはならない。


知恵や知性は勉強(知識)でしか身につかない。
学ぼうという姿勢こそが「勉強」というのです。


もし漠然と、そしてなんとなくプロにいけるかもと
思っている人がいたならば、
今すぐロードワークや
プラスαのワークアウトに出かけるか、
その安易な夢は捨てた方がいい。


可能性は全ての子供達にあると言いますが
本当は「努力できる才能を磨いた人」にだけ
可能性(チャンス)は訪れるのです。

頑張れない人に可能性はない。


スポーツ選手は一種のギャンブルです。
努力、経験、実績、チャンス、運、
其々が合致しないと叶わないものかも知れません。

そしてそれはたった一度のアクシデントで
泡と消えるリスクを秘めています。


文武両道といいますが
好きで夢見ることを一生懸命やるのは
当たり前のことなのです。

部活の練習で頑張るのは出来て当たり前。


その先を描くのであれば
当たり前であることに気付き
その上で考え、然るべき技術を持つ人や
そのチケットを持つ人に自分からアプローチし
情熱を伝え、死ぬ気で努力する事を誓い
然るべき対価や犠牲を払って
己の夢への道を歩むことです。


それが「道を拓く」ということです。


そしてその道は君達の人生そのものであり
いつしか競技を終えコートを去る日が必ず来る
その時に君達の人生を支えるものが
バスケットボールだけであってはいけないのです。


私達は日本の未来ある選手達が
本当の意味で才能に気付き、
物真似ではない本物になることを期待しています。

その為にはもっともっと進化が必要と考えます。


未だ全ての選手がアマチュアです。
真のプロフェッショナルを目指し
全国民、全世界をも魅了する選手が育つことを
祈願しています。


そして
2014年に日米の懸け橋になるべく
機会に恵まれないモチベーションを持つ
全ての選手やコーチの為に
機会創造をモットーに設立された
World Star Basketball Academyは
米国法人化を視野にいれ
その名称を変更し理念を一新致します。
※新名称に関しては別途発表致します。


米国に比重を置き、
日本での活動(機会創造)においては
前述のように選手諸君の本当のモチベーション
決死の覚悟を持った選手だけに限定したいと考え
その扉を少しだけ閉めたいと思います。


ですが、それは本物の選手に対して、
本物になろうと本気で頑張ろうと
強いモチベーション、マインドを持つ選手に対して
必ず力になって見せる、という我々の決意の表れです。


NCAA選手の排出育成、
独立リーグ選手のコーチング、
日本代表候補の排出育成
Bリーガー輩出(推挙による入団)
国内強豪校への進学

など様々な実績を重ねた4年間、
更なるハイレベルな展開を想定し
World Star Basketball Academyは一旦閉幕とし
2019年1月よりリスタート致します。


World Star Basketball Academyとしての
Final Quarter。


夢を見る全ての選手達が
頑張れる素晴らしい才能と
人生を強く生き抜く学びの環境に
恵まれますように。


World Star Basketball Academy
代表:Mark Burton / GM:Ko Kakegawa


【Final Quarter】_a0326598_18514656.jpg


#World Star Basketball Academy

#3nD #Basketball #バスケ #日本代表 #MarkBurton #Bリーグ #WSBA


# by wsba2014 | 2018-12-30 18:53 | The WSBA | Comments(0)

Burton New Season

NCAA シーズン開幕
新たなチームに移籍したバートンJrの
新シーズンが開幕しました。

注目される強豪ひしめき合うリーグでの
アウェイ戦からのスタートで
チームとしてはド派手に負けるという
課題露出のスタートでしたが
ロングレンジからの一発など
バートンJrのらしさも要所に出せて
スターターPGとしてチームを牽引する為に
益々のハードワークを自分に課して
頑張ってくれると思います。

Burton New Season_a0326598_11335484.png


因みにファイエットビルステイツの練習は
朝5時から。

それでもスタートに躓くほどに
其々のレベルは高い。

NBAでは伝説的な背番号13
輝けるシーズンになるか
勝負の一年の開幕です^^


Burton New Season_a0326598_11331979.png

ぜひ応援よろしくお願いします!

https://fsubroncos.com/roster.aspx?rp_id=1492


# by wsba2014 | 2018-11-05 11:34 | The WSBA | Comments(0)