人気ブログランキング |

【Coach's Corner!Vol.17】

今回のCCは選手のワークアウトに関する考え方です。
日本での部活等は殆どシーズンがありませんが
身体の成長には運動・栄養、そして休息、
この3つのバランスが不可欠です。

ゲームタイムに最大のパフォーマンスを発揮し
選手のキャリアを輝くものにする為に
適切なワークアウトを選手もコーチも考えていかないと
短い期間で選手の身体は消耗し
壊れてしまうかも知れません。

ちょっとした気づきになってくれれば幸いです。

『the workouts』

I have asked the question of what is the difference between an in-season training and off-season training. The answer is simple. First let me explain off season workouts.
During the off season it is important to understand that this is a time to get better in every part of your game.
So what is an in-season workout? An in season workout is a time of maintenance work. A time of understanding how you fit your skill set in with the rest of the team.

私は、バスケット選手たちのシーズン中のトレーニングと
オフの時のトレーニング方法の違いについて考えてみた。

答えは簡単だ。
最初に、オフシーズン時のトレーニングについて
話してみよう。

オフシーズンの練習は、
試合中に自分がどのシーンにおいても、
今まで以上のプレイが出来るようになる為の
トレーニングなのだと理解する事が大切だ。

When I train my players during the season I focus my training on the following things:

1. Understanding where their shots are coming from within the offense. Once I review tape and watch games I have an understanding of where my player’s shots normally happen in the offense and I concentrate primarily but not entirely on that area to make sure we get up as many shots as possible. I also make adjustments to ensure that he/she hasn’t become predictable, because just as I study film other coaches do as well and so although I concentrate on the area of where the shots come from I also don’t want coaches to figure out what my player’s habits are.

私が、シーズン中の練習で自分の選手たちに
フォーカスしていること:

1.オフェンス中にどのタイミングから
シュートが始まっているかの理解する。

試合中のビデオを見て、
その選手がオフェンス中に
どこの場所からシュートをしているかをチェックする。

全部が全部ではないが、
その選手のシュートをよくする場所からの
色々な種類のシュートの仕方を出来る限り練習させる。

またその選手が、
意外性のないプレイをしないようにも調整する、
なぜなら私がそうやって試合のビデオを見て
選手の試合の仕方をチェックしているように、
他のコーチも彼らの試合を見て選手たちを
チェックしているからだ。

他のコーチたちが、
私の選手たちの癖を見抜いてしまうのは
得策ではないからである。

2. Everything is done in game speed. I do this for two reasons;
A. Muscle memory development- you don’t want to go into a game whereby you have been practicing at half speed.
B. This is a great time to keep your cardio up at a high level.

2.ゲーム中のスピードで全てが決まる。
(これには二つの理由がある)
   
A.筋肉の記憶の発達ー
自分が練習してきた半分のスピードのまま、
試合には出たくないだろう。

B.心臓をより高いレベルにフル活動させるチャンスなのだ。

3. Weights, core training and cardio are an essential part of in season workouts. Not so much to get bigger, but so that the player can continue to stay basketball strong. Off season workouts are the time to really hit the weights hard.

3.ウエイト、身体のインナーマッスルのトレーニング、
カーディオトレーニングは、シーズン中には
必須のトレーニング。

そんなに大きな筋肉を付けるのではなく、
バスケットシーズンに選手が
パワフルにいられるようにする為に必要なのだ。

オフシーズンのトレーニングは、
ウエイトトレーニングを強化する必要がある。

If you do theses essential things during the season, then you will have a great chance of having a great season.

もしシーズン中にこれらの必須の事をやっているとしたら、
素晴らしいシーズンを送っている事だろう。

Happy New Year to all.
今年もみなさんの年が、より良い年になりますように。

Mark Burton
President
World Star Basketball Academy


by wsba2014 | 2018-01-15 12:41 | Coach's Corner | Comments(0)

Happy New Year !!

Happy New Year !!

2018年二日目。
選手の皆さん、どんな年末年始を過ごしていますか?

元旦返上でトレーニングをしている人、
普段の疲れを癒し回復に努める人、
其々かも知れませんね。

そこで二つ、アドバイスです。

完全に休むのは引退してからで良い。
現役であるうちは、叶えたい夢があるならば
気持ちを離してはダメです。

誰もやらないこと、誰もやらない時、
これこそがライバルに差をつける。

トレーニングには栄養、休息も含まれます。
消極的に構えず、常に前向きな考え方で
総合的に夢へのプロセスを考え行動する。

この瞬間、もしこたつに入ってだらけているだけならば
君の夢は周りを巻き込める程の情熱はない、
と判断されてしまう。

さぁどうする?

これが一つ目。

自分から挨拶しましたか?

「目をかけてもらう。」
とても重要なことです。
夢は一人では叶わない。

必ず誰かの協力があり、
教えて頂くこと、
提供して頂くこと、
そういった君とは立場の違う人の力が
働いているから君はそこにいることが出来る。

お世話になった方、なっている方、
先生、先輩、自分の方から挨拶は出来ていますか?

自分をプロデュースする、
その為にも礼儀を尽くし人との関係を大事にする。
リスペクトされる選手になる為に
人格形成にも努める。

当たり前のことが出来ない時代、
でもその当たり前の中に生きている人も多く
故にかつて当然であったことを出来るだけでも
評価される。

世話をしてくれる人、コーチも人です。
感情もそこには存在します。

年始、誰よりも早く挨拶、メッセージをくれた選手と
促されてようやく、または音沙汰もない、
どちらを可愛いと思うでしょうか?

決して媚びを売るのではありません。

平等と思うのは大きな間違い。
すべきことをする、というのは
こういった自然な振る舞いも含まれるのです。

目上の方に先に挨拶されたら終わり。
君の優先順位は下がったと思った方がいい。

まだ間に合うタイミングです。
忙しい=君が忙しいだけで相手には関係ありません。
単なる言い訳。トイレに行く時間もないですか?
その時間にメッセージ出来ませんか?

節目の礼節。
君の夢が近づくか遠のくか、とても重要なポイントです。

さて、どうします?

ご父兄の方も
皆さんの背中、見られているかも知れませんよ。
ぜひお手本に。

不言実行。
これこそが本来あるべき姿。

有言実行=言ったことをやるのは
当たり前のことですからね。

さぁ今年も夢に向かって頑張りましょう!!!


Happy New Year !!_a0326598_12295076.jpg


by wsba2014 | 2018-01-01 12:25 | The WSBA | Comments(0)