人気ブログランキング |

勝つ為の準備

体幹トレーニング「も」大事


体幹トレーニング、
最近は馴染みの言葉になってきて
部活等でも積極的に取り入れているところが
増えてきているのではないでしょうか?

選手の皆さんもきっといくつかやった事は
あるでしょうね。

ところで、
バスケってどうしたら上手くなるのでしょうか?

バスケの練習、
ドリブルやハンドリング、シュート
フットワーク、パス、
地道なスキルトレーニングはきっと思いつくと
思いますし、やってますよね。

地道な努力や反復で
スキルは身につきます。
勿論レベルは頑張り次第。

さてここから。

最近良く聞く体幹トレーニング、
なぜやるのか?
ちゃんと理解の上にやっていますか?

パフォーマンスの向上に関して
日本は昔から割と軽視されているのが
身体作りの面です。

そもそも日常生活がそれなりにハード、
貧困も含めて遮二無二働き学ぶスタイルで
合理的、科学的、あえて時間を作り
身体作りをする文化がなかったのも一つの要因ですが
海外の人達に比べ、トレーニングが馴染んでいません。

ジムに行っても日本人の知識や意識の低さは
目に見えて解ります。

しかし、アスリートにとって
パフォーマンスを向上させることは
競技を行う上で必要なことです。

冒頭で体幹トレーニング「も」、としましたが
今トレーニングの重要性が浸透しながらも
所謂流行による部分的なものだけが
落とし込まれているように見えます。

体幹トレーニングをしているから
「足りている」と思っていませんか?

NBA選手にしても
体幹トレーニングだけしている訳ではなく
これはそもそも今までのトレーニングで
欠けていたコアの部分への重要性を押し出したもので
要するに「プラス」する要素なのです。

基本的にはウエイトトレーニングをはじめ
競技特性に合った的確な部位の筋力強化、
柔軟性、持久力など様々なトレーニングを
行う必要があります。

また、それを継続したり、
意志を貫く強靭な精神力も養う必要があります。


勝つ為の準備_a0326598_16052362.jpg

ここ最近思いますが
合理的、近代的、理論的なものばかりに
捉えられていませんか?

吉田沙保里選手などレスリングのトレーニングや
ラグビー選手のトレーニングなどと比較すると
バスケは知識理論の一部切り抜きが見て取れます。

バスケだってコンタクトスポーツです。
(ルール上はコンタクトNGですが)

パフォーマンスは身体あってこそ。
得たスキルのレベルアップは
関節可動域、筋力の向上により昇華します。

NBAやプロの夢はとても素晴らしい。
でもその言葉を口にする選手の大半が
緩んだふくらはぎ、膝回り、
全然身体が鍛えられていません。

クラシックなシューズを履くと
重くてまともにプレー出来ない。
そんなのも昔のプレーヤーより劣っている証拠。

日本の体育館はさほど変化なく、
最新テクノロジーのシューズにどれほど
サポートされているのかが解ります。

プロテインをいくら飲んでも
トレーニングしなければ栄養素の過剰摂取なだけ。

日本人では海外選手に勝てない。
違います。

そもそも勝つ為の準備をしていない、のです。

私達も当然新しい理論や手法は持っていますが
基本的にはそれを適用できる
強い精神と強靭な身体を持つ者が
夢を叶えることが出来る者だということを
知っています。

※ドーピングですら
クスリを飲んで効果が出るという事は
それなりに身体を鍛え上げてきているからなのです。
普通の人が飲んでどうにかなるものではありません。

幸いな事に昔よりトレーナーの方々が
しっかり二極化され、
アマチュアトレーナー(無資格、アルバイト的)と
パーソナルに相談を受けてくれるプロな人達が明確に分かれ
パーソナルトレーニングをして下さるトレーナーは
多くいます。

正しい知識、正しい方法で
本当に必要な事を薄い情報で済ませないことも
大切なことです。

ぜひ意識をして身体作りに挑戦してみて下さい。
あなたの一生懸命練習して得たスキル、
3か月後にはきっとレベルアップしている筈です。


トレーナーのご紹介はWSBAでも可能です。




by wsba2014 | 2017-06-29 16:07 | コラム | Comments(0)

海外挑戦!

ちょうど3年前、
横田基地でのトライアウトに
参加してくれた小林良君(桐光·神奈川県)が
新たなチャンスを手にし海外挑戦へ。

当時中学3年生で180cmをこえる
恵まれた体格と群を抜いたスキルレベルに
私達も金の卵と興奮した記憶があります。

ただ彼は自分のステージで
競い合う仲間や敵がおらず
突き抜けた存在故に試合にならなくなるからと
プレータイムを減らされ、
手を抜くことを指示され続けた結果、
試験環境、本気を出すべき状況ですら
全力を出せない身体になってしまった、
という悩みを抱えていました。

県選抜やアンダー代表、
ハイレベルのチームに出会い
本気、全力で挑むことが再び出来るようになり
掴み取ったチャンスなのだろうと
このニュースをとても嬉しく思います。

更なる飛躍を期待、
そして応援しています!

ガンバレ!RYO!


海外挑戦!_a0326598_16025278.jpg




by wsba2014 | 2017-06-22 15:59 | ホームステイ&トライアウト | Comments(0)

留学への道2

アメリカ留学2

―――高校の公立と私立―――

<公立と私立の一番大きな違い>

多くの公立(Public high school)は、
お金のセーブの為クラスのサイズや、
学校の備品などの部分で節約を
しています。
その反面、私立(Private high school)は
その点節約はなく、
一クラスの人数が少ない為、
学費は高額になります。

アメリカの公立高校は、
各州の教育委員会によって運営されていて、
大学進学を目指す教育でなく、
読み書き、コンピューター、
人間関係など、卒業してから
世の中に出ても困らない最低限の事を
学ばせるのが目的です。
学区内に住む子供なら誰でも入学でき、
高校に入る為の試験はありません。
小学校と中学校の8年の教育を
修了していれば、
誰でも入ることが出来ます。
(アメリカの小学校は6年間、中学は2年間です)

私立高校は、教育委員会関係なく、
各学校によって方針を決めている為、
カリキュラムのしっかりしている
私立なら質の良い学力を得られます。
特別な分野を教える学校が多く、
様々な可能性を引き出してくれる
という素晴らしい部分があります。

<言語>

アメリカの広大な土地では、
英語の強い地域、スペイン語を話す人が
多い地域などがあります、
高校もそのような状況に
きちんと対応して
スペイン語だけの子供でも
ちゃんと勉強を出来るシステムが
あります。
母国語が英語ではない子供に対しては、
ESLと言うEnglish Second Language
クラスがあり、
英語を母国語とする子供たちが
通常授業を受けている時に
別のクラスに行ってそのクラスを取る
ことを勧められます。
(親の承諾を必要とします)

<クラスのサイズと先生の質>

主な公立のクラスは、
だいたい25-30人くらいです、
私立の方は、15人くらいが標準です。
私立の方は、たくさんの先生を
雇うお金もあるので
クラスを細かく分ける事が可能なのです。
しかし公立の方は、
先生たちは資格がないと働けないのに
対し、私立の先生は教育課程を
卒業していなくても先生として働けます。
多くの私立の先生たちは、
様々な分野の大学の学位や、
大学院の学位を持っていますが。

<学びの姿勢>

生徒たちの学びの姿勢に、
公立と私立で差があります。
多くの私立は、得意分野があり、
ビジネス、アート、スポーツなど
それぞれに力を入れている分野があります、
生徒たちもそれらをもっと学びたい
子供たちが集まってくるので、
自然に生徒たちも入学した当時から
勉強に力を入れる子が多いです。
公立の方は、基礎学力を目的にしているので、学校ごと地域ごとにレベルの差が
あったりします。


留学への道2_a0326598_15574387.jpg


by wsba2014 | 2017-06-14 15:56 | アメリカバスケ情報 | Comments(0)

【夏休みホームステイキャンプ(価格改定)】

ユタ州レイトンにて
ホームステイキャンプを
今夏も実施します。
http://wsbacademy.wixsite.com/official/homestay


<トレーニングクオリティ>
3月のCoach's Corner Vol.14を最近シェア、
ご覧下さっている方が増え、
沢山の反応を頂いています。

今年はサポート選手が
代表候補になり、選手やそのコーチングを
広く国内にも認めて頂きました。

そのクオリティレベルを
アメリカの地で、本場の空気感のもと
体験して頂ければと思っています!

また、行って帰って終わり。
ではありません。

この出会いは参加者の人脈となります。
帰国後も勿論相談相手に、
ビデオ等でアフターフォローを受けたり、
私達は参加者の応援者として
アメリカへの夢の後方支援部隊となるのです。


<ホームステイキャンプ>
期間:8月14日~31日の中で1週間程度
費用:32万円→298,000円(税込)

★複数名割引
2名以上でお申込みの場合には
お一人250,000円(税込)に割引。

※フライトや保険諸費用は含まれません。
※上記以外の期間も応相談可能です。
※日本からの引率はありません、
フライト準備、現地までの道のり、
これも成長に繋がる貴重な経験と考えます。
(現地空港では送迎あり。)

8月前半には(7/27~8/13)には
サンディエゴにてPhenomキャンプが開催されます。
https://phenomamerica.com/
こちらの引率ツアー等も応相談となります。
(招待制ですが弊団体から招待可能となります。)

費用はご要望によりホームステイとは異なりますので
お気軽にお問い合わせご相談下さい。
(約20万前後となります)

こちらの申込みとホームステイの申込みが
重なった場合には先に申込み頂いた方の
リクエストを優先させて頂きます。

お申込み・お問い合わせ
wsb.academy@gmail.com

日本オフィスでお問い合わせは受け付けますので
勿論日本語でOKです。
また、ステイ先は日本語OKですので
語学に関しての心配は不要です。

ただ一人でアメリカへ行く勇気、
上手くなりたいというモチベーション
それだけを持ってきて下さい!

コンタクトをお待ちしております!


【夏休みホームステイキャンプ(価格改定)】_a0326598_17355862.png


by wsba2014 | 2017-06-05 17:36 | ホームステイ&トライアウト | Comments(0)

留学への道

バスケのために、アメリカの高校へ
行ってみたいなど考えているバスケ選手たち、
または家族の方へ
なかなか留学についての情報が、入ってこない
どこに行けばわかるのか分からない方に
アメリカでの体験などもふまえて、
これから情報を流していこうと思います。


アメリカ高校留学1

🇺🇸アメリカ高校留学について

海外からの子供たちが、アメリカで高校に通うとなると、
大体が私立(Private high school)に通うことになります。
私立と公立の違いは、大きく言うと
私立の方はどこから来た(学区など)子供でも
受け入れることをしており、
公立の方は学区内の子供たちが優先になり、
あまりインターナショナルの子供たちの
受け入れをしていない所が多いです。
通常、高校には入学試験はありません。

アメリカの高校では、一般常識はもちろん、
世界はどう動いているのか(歴史)
それに対して自分の考えは何か、
自分はどう生きていくべきかなど、
日本の学校生活と違い
テストの為に勉強していくスタイルではありません。

私もアメリカに来て、若い子たちが
自分の考えをしっかり持っているのに驚かされました。

アメリカでは、小学校の頃からエッセイなどを
書かなくてはいけない宿題が出され、
ただ答えを覚えてテストでいい点を取ったらいい
という勉強スタイルではないのです。

自分の個性を伸ばし、
自分というものをしっかり知って、
世界のどこででも暮らしていける強さを学べる場でもあります。


🇺🇸「留学」するという事

日本で暮らしていると、みんなと同じ事をする、
違うことをすると叩かれるというスタイルを常に感じます。
その中で、アメリカに留学する
という決断をするのは本当に大変な決心です。

息子の通っていたアメリカの高校に、
二人だけ日本からの留学生が居ました。

最初その高校に来た時は一切英語が話せなかったのに、
卒業する時には堂々とみんなの前で
スピーチが出来るまでになっていました。
ホームシックにもなったと言いますが、
アメリカでたくさん色んな経験ができ、
今では全部がいい思い出だと語ってくれました。

アメリカでの生活は、簡単なものではありません。
しかし、日本で暮らしていて窮屈に感じる、
人と同じでは嫌だ、スポーツで成功したいという子には、
留学はとてもオススメできます。


🇺🇸寮生活について

インターナショナルの子供たちは、
大体が学校の寮やホーム
(学校が持っている一軒家に住むスタイルで、
学校からのボランティアの大人が一軒に一人いる)
に暮らします。

夏休みや冬休みなど長い休みの時は、実家に戻ったりします。
戻れない子たちは、ホームステイ先を探したりして、
アメリカにとどまります。

学校では、カフェテリアで朝食、ランチ、夕飯をだしてくれ、
インターナショナルの子供たちはそこで毎日食事をします。

週末には、学校側が様々なイベントを行ってくれます。
(ショッピングモールツアー、ボーリング、
映画、アイススケート、ハイキング、プールなど)
様々な国から来た子供たちと一緒に生活を共にして、
お互いに外国語となる英語を駆使して生活し、
励まし合い、助け合ったりできるようです。

次回は、アメリカの高校の種類についてです。


by wsba2014 | 2017-06-05 17:30 | アメリカバスケ情報 | Comments(0)