人気ブログランキング |

【Tailwind】

【Tailwind】

学生ボーラーの中でも、中3や高3の皆は
間近に迫った受験本番に向けて
必死に勉強に取り組んでいる頃でしょう。

進学先となる学校は君の新しいチーム、
学校選びはチーム選びです。

プロならば、
勝てる優勝できるチームへ、
評価してくれプレータイムを約束してくれるチームへ、
高額な年俸を提示してくれる好条件のチームへ、
こんな選択条件があるでしょう。

学生諸君のチーム選びとは少し違いますね。

しかし
より良い環境を求めたり、
ノウハウのあるところ、
信頼出来るコーチを求めて、
バスケだけでなくその先にあるものも同時に得る為、
自身の成長や求めるものを叶える為に
チーム選びをするのは変わりません。

ただ、学生諸君に求められるものはバスケだけでなく
勉強の成績という別の面もあります。

勉強が大嫌い。そんな人もいますね、きっと。

でも学ぶということは
自分に今までなかった新しいことを
「知る」ということ。

どんな小さなことも知ったことで
昨日の自分より成長している。

知識は考える幅を広げ、
正誤を測る大切な情報となり、
自分や人を助ける大事な知恵になります。

そして知ったことをどうしたら正確に他の人に
伝えることが出来るのか?

知ったことを伝えたり表したり出来なければ
その知識は「役に立てる事が出来ない」ということです。

勉強とはそういうことです。

バスケットボールをはじめ
スポーツは戦略や戦術、効率など
沢山の知識や知恵、考えることなくしては成り立たない、
言い方を変えれば勝てる要素を見出すのに
頭脳はもはや必要不可欠な時代になっています。

また、スポーツはとても有益な
コミュニケーションツールでもあります。
出会い、繋がり、支え合い、
チームがあればそれは人の集合体ですので
人として最低限必要となるものを
身に付けていない人は受け入れて貰えないことだって
あります。

全ては繋がっています。

勉強し知識を増やし、知恵を持つことは
バスケットボールのプレーの視野や幅を広げること。

学生諸君にはぜひとも沢山の選択肢を持てるように
片手落ちにならず必死に勉強にも
励んで貰いたいと思います。

受験本番を控え伸び悩んでいる人にヒントです。

これはとある映画の一節です。

「Change direction,
and turn a headwind into a tailwind」
(逆風は振り向けば追い風になる。)

考え方やものの見方は一つではありません。

帆の張り方で今真っ向から受けている風は
自分を後押ししてくれる味方になるかも知れません。

また、今挑んでいる高い壁は
それをクリアした時、
今度は貴方を守る堅牢な城壁になり
その強い風は貴方の望む未来に向かっての
追い風になってくれる筈です。

同じ明日が必ずくると誰も約束は出来ません。
明日も同じように綺麗なコートでバスケができ、
温かく明るい部屋で机に向かい勉強出来るかどうか
誰にも保障は出来ません。

今日、今、全力でやりきる。

その積み重ねがあるから大きな夢に届くのです。

まだまだ頑張れる。

神風が吹く時、
準備の出来ていない人は活かせません。

本番環境に合わせて訓練しましたか?
寒さを想定して同じ環境でテストしましたか?
逆に室温が高い場合の想定はしていますか?
本番となる場所は下見して
緊張感を少しでも解く様にしていますか?
インプットしたものをアウトプットする練習は?
希望するチームの練習は見たか?
大学への進学率や勉強はどうなるのか知っているか?
真っ向勝負以外に目標の学校に入る方法は本当にないか?
別の科があったり受験方法が存在しないか?
まだやり残したことはないか?

全ての準備は出来ているか?

勿論安全に適当に過ごす人生もありです。
しかしそれでは目標とすることには100%届きません。

3000mの山に登ろうと決めたのに
途中で諦め隣の2000mの山に登ってみたものの
そこから見える景色は諦めた山の遠い頂。
その瞬間湧き上がるのは達成感ではなく
自分を慰め納得させる為の理由。

出来るかどうかの判断はもう少し先。
諦めが悪いのがアスリート。

あと1ヶ月半。

人生を決めるかも知れない大勝負。

死ぬ気の全力で頑張れ!
最後の決断の時まで
絶対に諦めるな!

私達のエールが一人でも多くのチャレンジャーに届き
響いてくれ、成功を手にしてくれることを
心から祈っています。

Obstacles don’t have to stop you. If you run into a wall,
don’t turn around and give up.
Figure out how to climb it, go through it, or work around it. 

Michael Jordan

(障害を前にして立ち止まることはない。
壁にぶち当たっても、振り向いて諦めてはいけない。
どうやってそれを乗り越えるか、突き進むか、
回り込めるかを考え出すんだ。)

【Tailwind】_a0326598_13164543.png

PS:
親御さんは子供達のブレーン、参謀、軍師です。

一緒に戦ってはいても冷静さを欠いたり弱気になったり
ヒステリックになってはいけません。

最前線にいるお子さん達が全力で戦い、勝利出来るよう
あらゆる情報を集め、決断の時に備え冷静な判断を。

本陣の弱気は前線に影響します。
信じて鼓舞し士気を高め、冷静に戦況を見極めて
大局を見て判断できるように
安易な情報に振り回され流され一喜一憂せずに
いて下さいね。

by wsba2014 | 2016-12-12 13:20 | コラム | Comments(0)

国内統一リーグ「B」のスタートまで
あと3日。


ソフトバンクやフジTV等のバックアップで
露出も徐々に増え、期待と不安の両面から
見ている方もきっと多くいるかと思います。


舞台は整っている、しかし役者がいない。
といったような中身に対する不安は
レベル感からどうしてもぬぐえない点はありますが、
それでもこのムーブメントは
「良いこと」なのです。


レベルは上げればいい。
ファンの厳しい目、ショービジネスである自覚、
その辺が素人同然の選手達や
フロントもビジネス面で
未開地への挑戦が続きますので
徐々にエンターテイメントとしての確立を目指し
歩を進めればよいのです。


これで若い選手達にはNBAと共に
目指す場所が出来ました。


「バスケで食っていける」
この可能性があるのはとても重要なことです。


それは選手のモチベーションだけでなく
才能ある選手に対して
親をはじめ「投資」することが
無駄にならないということにもなります。


私達のようなアカデミーを運営なさっている方は
選手育成に更なる意気込みを感じるでしょうし、
アマチュアクラブチーム運営も選手の排出だけでなく
将来的に「B」へ参戦という大望すら持てるのです。


「野望」決して馬鹿げた話ではなく
多くの関係者が今まさにそのマインドをチェンジし
考え方だけでなくビジネスとしてのセンスを磨き
「B」を中心にバスケ界にお金の流れが出来るように
していくことが大事です。


突き抜けた選手をチームの枠に収めるのではなく
突き抜けた選手に合わせてチームレベルを上げる。


チーム戦略主体の画一的な指導ではなく、
もっと個に照準を合わせた
プログラミング、スケジュールを組む。


部活と将来を切り離さない。


選手のPRやクラブのPRにも目を向ける。


本気、本物の技術には然るべき対価を払う。


プロリーグも変革される筈です。
「誰からお金を貰っているのか」
この基本的な思考が今までのバスケ界には
ありませんでした。


お客様を喜ばす、楽しませる、
アリーナに足を運んでもらう。


それに必要なのは…


「お客を呼べる選手」
「エキサイティングなプレーが出来る選手」


残念ながら多くの選手がその教育を受けていません。


しかし、ショービジネスである以上、
お客様を呼べてファンになって貰いリピートして貰える、
これ以上の大切な事はありません。


玄人好みの渋いプレーヤーも勿論います。


しかし、ビハインドパスをしたら激怒し

ダンクやド派手なプレーを良しとせず、
選手のクリエイティビティを潰してしまう様な
今までの指導はもはや通用しません。


また、
選手の方も派手な映像、演出から
トリックプレーを好む選手が増えるでしょう。
遊びから入って派手なプレーだけ身に付けて
基礎が疎かなパターンもあります。


こういう様々な環境変化、
時代をきちんと踏まえてオーナー、監督、コーチが
選手よりももっともっと10年、20年先を見据えて
古き良きものと新しい時代の流れを
指導に組み込み、対応していく必要があるのです。


また、指導者のレベルアップ自体も
今までは殆どが手弁当、自分の時間や費用で
学んでいたものが、ビジネスマインドを持って
自分の学びがお金になると思えば、
好循環を生み出すきっかけになります。


学んだ技術はプロの証であり、
それは決して安売りするものではないのです。


選手も、そして数多のバスケ関係者も
今こそ野望を持って多くの事にチャレンジしてみて下さい。


かくいう私達も
日本にはまだ殆どない、
バスケ選手のエージェンシーであったり、
アスリートチーム(選手を支える環境)設立
フォローアップクラブのU-18強化チーム構想や
それらをラスベガストーナメントへ出場させる企画など
バスケットボールがビッグマネーに繋がることを証明し、
懸命に関わる方々への新しいビジネスモデルに
なるべく大きな野望を持っています。


勿論クラブも新設か既存のクラブを
「B」に送り込む、そんな野望もありますよ。


be Ambitious
やったもん勝ちです。


どうせ無理、そんなの出来ないという人は
放っておいてイインデス。
必ずいますので。


やってみなきゃ解らない。
やらなきゃできない。
なければ作ってしまえ。


私達はいつもこのマインドです。


WSBAは多くの関係者、その選手への
ご協力、渡米等の相談も喜んでお受けします。


点のアクションを線に。そして円に。
アツい思いのある皆さんの熱量を
もっともっと認め合い、
協力して盛り上げられるようにして行きたいと
思っています!


もはや既成概念は存在しません。
ReBorn Japan BB !!


「be Ambitious(野望を抱け)」_a0326598_18513375.png


by wsba2014 | 2016-09-19 18:51 | コラム | Comments(0)

【バスケゴハン】

今回は前回取り上げたタンパク質(プロテイン)の
その②ということで、実際に栄養素を含む食品を
コストや調理法を交えてお伝えします^^

色々あるのですが、
正直アレが良いと言われても
結構割高でそんなに毎日出来ないよ…
一体どう料理すれば良いの???という
食材って結構あると思います。

ということでピックアップは「鶏ムネ肉」
こいつの美味しい食べ方をご紹介します。

鶏ムネは
ボディビルドではささみと共に良く出てくる
食材ですね。

100gあたりの含有量は約22g。

皮を抜かせば脂質もぐんと減り
ヘルシーな肉類の代表格です。

なんですが…
最近は美味しい調理法が色々出てきましたが
モモ肉に比べるとパサパサして美味しくない、
食べにくい、調理の種類があまりない、
等と扱い難い食材と思っている方もいるのでは?

筆者もはじめはそう思ってました。
実家でも食べる習慣がありませんでしたしね。

でも新たな家族がモモ肉や肉の脂身NGだったのです。
で、色々工夫してみました。
すると、こんな低コストで幅広い食材、使わないのは
勿体ない!という結論に。

1人前のコストは付け合わせ込で恐らく300円以下で出来るのでは?
といった経済性と栄養素を兼ね備えた優良食材です。

ではではどんな料理法があるのかご紹介しますね。

★ポイントは加熱しすぎないこと。
ただそれだけ。

鶏ムネ肉の調理全般のポイントはこれだけです。
加熱し過ぎると身が締まりパサパサに。
ほんのりピンクが残った奇跡!の仕上がりだと
しっとりと絶妙な歯応え、上質な料理に。

調理のご紹介はクックパッドさん等から
簡単で美味しく仕上がっているものをご紹介します。

<鶏飯(シンガポールチキンライス)>
http://tekubotiscrap.jugem.jp/?eid=13
※ジャスミンライスは白米に鶏皮入れてジャスミン茶で
炊き上げると近い風味のライスになります。

栄養コラム② バスケゴハン_a0326598_16351844.jpg


<グリルチキン>
http://cookpad.com/recipe/3324904
※色々なソースで試してみては?

栄養コラム② バスケゴハン_a0326598_16353373.jpg


<鶏ムネロール>
http://cookpad.com/recipe/3392542
※ラップに巻いてチン!超簡単で美味しいデス。
巻く時に生姜を二かけほど一緒に巻くと良いですよ。

栄養コラム② バスケゴハン_a0326598_16354516.jpg

<唐揚げ>
http://cookpad.com/recipe/3713596
ムネ肉でも美味しい唐揚げ出来ますよ~

<ビッグチキンカツ>
鶏ムネ一枚を叩き伸ばして塩コショウし
あとは小麦粉、卵、パン粉の順に付けて揚げるだけ。
フライパンで少なめの油でOKです。
草鞋カツの正体はコレw

箸で切れるほど柔らかなカツが出来ますよ~

→揚げたカツがあれば
適度に薄めた麺つゆ(少し醤油と砂糖加え)に
玉ねぎ、長ネギを刻んで入れて煮込んだものに
カツを投入し卵でとじれば、カツ丼の頭。
頭煮の完成~
(卵とじする前に千切りキャベツも入れちゃうのもOK)


他にもレシピは沢山あります。
基本的にしっとりと茹で上がった鶏ムネ肉は
色々なソース(トマト・バジル・クリーム・チーズ・
マヨネーズ・チリ・醤油等々)に合いますので
ソースにバリエーションを加えて試してみるのも
アリですね。

スタミナ食材、ニンニクとの相性も抜群^^

身体を作り生活や競技を支える基本的なことが
食事(たべること)。

疎かにしがちですが、ぜひ楽しみながら
色々チャレンジしてみて下さいね。

習慣化(ルーティン)してしまえば
外食よりコストは安いですし、
オウチゴハンはとっても美味しいですよ。

あっ、そうそう。
選手の皆さん。
作って貰える事は「当たり前」の事ではありません。

ちゃんと手を合わせて「(命を)頂きます」
食後は「ご馳走様でした・ありがとう」ですよ。




by wsba2014 | 2016-03-15 16:37 | コラム | Comments(0)

今月から栄養の面についてもWSBAで取り上げていきます。
アメリカの栄養学と日本サイドの栄養学を織り交ぜながら、
バスケをする上での体づくりのサポートになればと思います。


今週はProtein(プロティン)についてです。


※Protein(プロティン)とはタンパク質です。
(日本ではタンパク質を主成分とする
プロテインサプリメントのことを指す場合が多いですが)


プロティンは、体を作ったり細胞の再生を助ける栄養素です、
特に筋肉には欠かせません。


プロテインの含まれている食品は、肉、卵、ナッツ類、豆腐、豆、
今流行りのシアシードなどの種類です。
アメリカでは、大人だと一日に
体重1kgにつき約0.9g以上のプロテインを
摂取しないといけないと結果が出ています。
なので体重68kgの人は、
少なくとも一日に54gのプロテイン摂取が好まれます。
筋肉をつけたい人は、1kgにつき2gの
プロティンを摂取する必要があります。


しかし筋肉をつけたいからといって、
一度に多量の摂取は反対に体によくありません。

反対にとらなさすぎも健康に影響を及ぼします。


プロティンが不足すると?

・砂糖や甘いものを欲する
・いつもボーっとしてしまう
・疲労、常にパワーがない
・急激な体重の減少
・顔面の色のくすみ
・髪の毛の色や髪質の変化、肌荒れ
・腹部への肉がつく

以上の症状が現れたら、体がプロティンを必要としているサインです。


反対にプロティンが多すぎると?

・便秘
・脱水症状
・無気力
・体が重く感じる、体重の増加
・関節や体の硬さ
・体臭がきつくなる
・体をアルカリ性に保つ為のカルシウムの欠乏

などの症状が現れます。


またプロティンを分解する肝臓の働きが追い付かず、
肝臓の病気になる確率も増えます。


研究で数値が出ていても、
自分の体に合う合わないは自分自身の体と常に対話しながら
摂取量を調節していきましょう。
自分の体、自分のライフスタイルを重視して
無理なプロティン摂取はお金と健康の無駄遣いです。

栄養コラム① Protein(プロティン)_a0326598_19160301.jpg


プロティンを含む主な食べ物

卵、牛乳、ヨーグルト、チーズ、鶏肉、牛肉、豚肉、
七面鳥、羊肉、エビ、マグロ、アーモンド、カシューナッツ、
大豆、枝豆、アーモンドバター、ピーナッツバター、
ホウレンソウ、ゴジベリー、ブロッコリー、いちぢく、
アボカド、スプラウト、ケール、カリフラワー、
マッシュルーム、レタス、アスパラガス、さつまいもなど


プロティンパウダーについて

プロティンパウダーからプロティンを摂取するのが一番いい方法、
簡単な方法と思われがちですが、
中には品質のとても低いパウダーも存在します。
できるだけ食べ物からのプロティン接種を心がけるようにしていくと、
健康な筋肉、体を作ることができます。


特に緑の濃い野菜には、
あまり知られていないですがたくさんプロティンが含まれています、
それと同時にミネラル、ビタミン、カルシウム、鉄分など
あらゆる良い栄養素も一緒に摂取することができるので、
自然の食物からとることがいかに体にいいか
長い目で見るとよくわかります。


プロティンパウダーを是非とも使用したい方は、
必ず品質の高いパウダーの使用してください。
以下にアメリカでの今年一番良いとされる
プロティンパウダーを挙げてみました、
参考にしてみてください。



2016年プロテインパウダーベスト10 in USA

1. XPI “MYOTEIN”
2. Dymatize “ISO-100”
3. Optimum Nutrition Gold Standard “100% Whey”
4. BPI Sports “ISO-HD”
5. Muscle Pharm “Combat Powder”
6. Muscletech “Nitro-Tech”
7. Dymatize “Elite” 100% Whey Protein
8. Cytosport “Muscle Milk”
9. BSN “Syntha-6”
10.Purus Labs “Myofeed”


by wsba2014 | 2016-03-07 19:17 | コラム | Comments(0)

積極的休養

今年もあと1日ですね。
ユタはすっかり雪景色です。

高校バスケもウィンターカップが終わり年内イベントはこれで終了。
(WSBAに関わってくれた明成の選手が
またまたトロフィーを手にしてくれたので嬉しいNEWSでした^^)

日本の学生アスリートのスケジュールは
きっとどの国よりハード。
○○漬け、という日々でしょう。

そんなハードな一年間を送ってきた選手達に、
この正月は是非計画的な休養を。

怪我を抱える選手にはあまり勧めませんが
基本的に筋肉は刺激を与えると
その部分が一度傷つき、回復するタイミングで
元より強くなって成長するメカニズムがあります。
(かなり簡単に言っていますが)

ポイントになるのは「回復する時間」。
連日連夜、同じ部分を酷使すると
どうなるでしょう?

回復する時間は得られず、
疲労は蓄積されていきます。
壊れた組織にダメージを重ねて行く事になります。

これでは行きつく先は…

ですのでトレーニングのルーティンは
この回復現象を考慮して
ダメージを蓄積しないようなメニューである事がベターと言えます。

そして回復する時間、休息といっても
グダグダに何もせず、というより
トレーニングレベルではなく
軽く身体を温め血流を良くするように
すこーし身体を動かす「積極的休養」を行うと
血中の疲労物質を除去する事が出来ます。
(汗ばむ程度の運動やストレッチなど。)

日々のトレーニングで酷使してきた身体を
しっかりと整えて新しい一年のチャレンジに
備える期間。

食生活も勿論大事です。

競技生活中であれば、
この期間の調整が出来るかどうかが
一つの課題でもあります。

何故なら皆が緩む時期ですから。

身体の回復に休養、休息は大切です。
そして休息自体にもより効率の良い方法が
存在することも皆さんの競技能力向上の為に
ぜひ知っておいて下さいね。

一年の計は元旦にあり、とも言いますし
何かを始動させるには良いタイミング。

上手くコンディショニングし
新しいスタートに備え、
飛躍できる一年に繋げて下さい。

ボーラーの皆さん
今年も一年お疲れ様でした。

よいお年をお迎えください(^^)

積極的休養_a0326598_22594416.jpg


by wsba2014 | 2015-12-30 23:00 | コラム | Comments(0)

伝説が去る日

競技は異なれど日本人として
スポーツ関係者として最大のリスペクトに値する
伝説の選手が引退を表明しました。

15歳で代表入りしてから月日は流れ
気が付けば37歳になっていたんですね。

ピッチで躍動し
常にチームを鼓舞し続け
高い目標に挑むその姿は
誰が見ても賞賛、お手本とすべき
史上最高のアスリートの一人です。

日の丸を背負い続ける。

一度勝てば次を期待され
目標に近づき昇る度に
今度は常勝を義務付けられてしまう。
想像を絶するプレッシャーだったでしょう。

伝説が去る日_a0326598_18024855.jpg

決してフィジカルに恵まれた選手ではありません。

パイオニアになる為に、伝説と呼ばれるまでに
多くの壁を乗り越える努力を「人並み以上」
してきたことは間違いないと思います。

これはサイズのハンデがある
日本人バスケ選手、そして夢を持つ子供達に
本当に夢を、目標を叶える為に
今自分の本気が、本当に「本気」と言えるのか
彼女の軌跡を見つつ、考えて欲しいことでもあります。

バスケで頂上を目指すにしても
こうして他のスポーツやその選手達から
インスパイア出来ることはとても多くあります。

彼女と同じくバロンドール受賞者である
バルセロナのメッシも
成長障害というハードルに苦しみ
13歳でプロに合格した時でも
143㎝しかなかったそうです。

高さでは勝てないかも知れない。
しかし他に誰にも負けないスペシャリティを持つ
彼のプレーやその努力は
ポジション取り、パス、ドリブルと
バスケにおいてもガードプレイヤーが
ヒントを貰える事が多々あるのです。

日本はまだまだバスケ後進国。
しかし他に世界に誇れるアスリートは
沢山います。

他の競技だから関心ない、とならず
こうした選手達から多くのことを学び、
多様で柔軟な思考で
夢を叶える為に何が必要であるか
選手にもコーチにも考えて貰いたいと思います。

バスケにおいても本当の伝説の選手が
生まれる日を期待しつつ…

伝説が去る日_a0326598_18023698.jpg

偉大なる伝説の引退。
サッカー界だけでなく、
全てのスポーツ選手に影響を与えてくれた
澤選手に最高の敬意を込めて
彼女の言霊を夢に向かうバスケ関係者に
ご紹介します。

「なにかにぶつかるときは、
 なにかを越えなければいけないときだと思います。
 それは、自分が成長するために
 絶対に必要なことですし、チャンスでもあります。」

「苦しい思いをすると、
 同時にもっとやれる自分が見えてくる」

「すべてをポジティブに捉える必要はありません。
 落ち込むときはとことん落ち込めばいいし、
 気持ちが下がるところまで下がったら
 あとは上がるだけなので、もがいて、
 苦しんだほうが壁を乗り越えられるはずです。
 自分はいつもそう思っています。」

「たくさんの子供たちに
 目標や夢を持ってもらえたらいい。
 『不可能はない』ということを証明できた。」

「わたしは、何も一番じゃないんです」

「わたしは単純にサッカーが楽しいから
 ボールを蹴り続けています。」

「苦しいときは私の背中を見なさい」

伝説が去る日_a0326598_18021930.jpg


by wsba2014 | 2015-12-21 18:04 | コラム | Comments(0)

戦争とスポーツ

<戦争とスポーツ>

昨日は70回目の終戦記念日でした。
節目という事もあり、様々な所で
クローズアップされた日だったと思います。


戦争。


もし今後同じような悲劇が繰り返された時、
私達は同じ環境でバスケットを楽しみ、
海外へ挑戦したりすることは出来なくなります。


今「当たり前」の事は当たり前ではなくなるのです。

五輪も敵対国での開催はボイコットされ、
スポーツが平和の為でなく、
政治的な目的に使用されることもありました。


スポーツを志す者にとって
このことは決して無関係ではなく、
無関心であってはいけないのです。


私達は今、かつて刃を交えた国同士の人間が
手を取り合い、組織として運営をしています。


そこにもはや血で塗り固められた歴史の
わだかまり等ありません。


また、友人だからといって
其々の国家が行う事に迎合する気持ちはなく、
其々が軸を持った考え方で、
お互いをリスペクトしながら共存しています。


友人であるからこそ、
マイナスになる事は歯止めをかける事も
お互いにあります。


国同士の関係も同じ。
平和を維持する為にはどことの関係がなどと
そんな他者に影響される事を考えるのではなく、
まずは自分自身がはっきりと
してはならない事を理解し否定する。


自分はしないと軸を持つのです。


スポーツは平和の象徴でもあります。
国境を越え、人種を越え、言葉を越え
コミュニケーションを図る事が出来る
素晴らしいものです。


よく「闘い」という言葉が試合に当て嵌められます。
しかしそれは「肉体と精神の限界に挑む自分との闘い」
というニュアンスが本当の意味での正解であり、
「全ての努力をコートに置いてくる(全力を尽くす)」と
言い換えられます。


スポーツは生き死にかけた
戦争(闘い)ではないのです。


ラグビーでは「No Side」という言葉があります。
「アフターマッチファンクション」と呼ばれる
試合後にお互いを讃え合うレセプションがあります。


バスケットのプレイヤー、関係者の一人一人も
同じように世界の人達と架橋になれるのです。


日本人にとって忘れてはならないこと。


世界を目指す若き挑戦者、
それを支えようとする支援者、指導者の方々、
一人一人が今当たり前のことを明日も明後日も
同じように出来るように。


当たり前のことは本当は当たり前ではありません。
ありがとう(有難う)
これは「有り難い=有る事が難しい、当たり前ではない」
それに対してしてくれたことに感謝を表す言葉です。

本来は有り難いことを
当たり前のように出来ている事に感謝し、
忘れない日となりますように。


絶対に戦争は否定しなければならないことを
改めて。


No rain, no rainbow.
このrainは戦争ではなく、
全力を出し尽くす選手のプレーであり、
そこから生まれる美しい友情の虹でありますように。


戦争とスポーツ_a0326598_14110023.jpg


by wsba2014 | 2015-08-16 14:12 | コラム | Comments(0)

GWですね。
一休みという事でオフィスの書類を整理していたら
一冊のノートが出てきました。


そのノートには以前お話を伺った
シンクロナイズドスイミング日本代表コーチの
井村雅代さんからのお話メモが書かれていました。


改めて見ると非常に面白い事が書いてありましたので
一部をご紹介します。


日本代表監督から一転し中国代表監督になり
裏切り者と罵られながらも
誠のプロフェッショナルとして
再び日本代表監督に返り咲き数多の選手を育てた方の
コーチング理論はスポーツの垣根を超えて
全指導者に留め置いて頂きたい素晴らしいお話でした。


マークバートンの「Coach's Corner」コラムとも
共通点が多くあります。

走り書きですが、ご一読下さい。


【コーチの語源】
COACHとは四輪馬車を意味する
ハンガリー語を語源としており
指導者は【学ぶものを目的地まで運ぶ】
という比喩から馬車と同表現のCOACHと
呼ばれるようになったそうです。


☆選手への姿勢
・あなたを心から歓迎します。
・あなたに全ての権限を与えます。
・私達はあなたを全力でサポートします。


☆大きな目標と小さな日々の目標、
 その全てに価値がある!


☆練習は身体がシンドイ時に、
 試合は元気な時に!


☆下降線を辿る時の共通点
①競争原理が無くなっている
→各項のトップに基準を合わせる事が大事
②リーダーに具体的な目標がない


☆本当のことを言う(ダメなものはダメ!)
但し…↓
「改善方法を示す」
→直るまで、フィットする方法を示す。
※仕方ない…は絶対NG!


☆絶対に出来る!
①世界一の技術を持つこと(技術は学べば身につく)
②真似をしない、新しい物を提供する
気分で叱らない(今日ダメな事は明日もダメ)
→叱る時は現行犯で!タイムリーに!
今の事のみ、古い事は持ちださない、
しつこく叱らない、後にはひかない。


<叱る>=可能性を信じる。
本気で相手を変えてやるという気持ち

体罰では「勝てない」
泣いても「勝てない」
脅しで勝てるならそれなり、その程度のレベル。


☆相手が聞く姿勢かどうか
感情的にならずに冷静に相手をみる
→相手の説得にはデータを出す


☆「心の才能」のある選手
人は目標を達成しそうになると怯む。


☆リーダーの資質
「目の前にいる全員を大切にする。
人生を考えてあげること」


☆中国ナショナルチームの指揮をとって得た事。
・中国の良いところ
→今日よりも明日、必ず良くなると信じている。


☆心の持ち方
三流は道に流され
二流は道を選び
一流は道を創る


蟻になる(泥にまみれ働く)
蜻蛉になる(複眼を持ち様々な見方を)
人になる(あたたかい血を通わせる)


☆【前に行く!】
→もっともっと前へ!
何故なら前だと先が見えるから。


シンクロナイズドスイミング日本代表コーチ_a0326598_19341925.jpg




by wsba2014 | 2015-05-02 19:35 | コラム | Comments(0)

対話の時間

皆さんのチームは練習の他に
チームメイトと話をする時間はありますか?

以前のCoach's Cornerでは
チーム練習以外に個人練習をいつするのか、
といった内容をご紹介しました。

それとはまた別。
チームメイトとどのくらいコミュニケーションを
とっていますか?

その前に、そもそも「チーム」とは…
同じような言葉に「グループ」がありますね。
この二つの違いの説明を簡潔に出来ますか?

先に進む為に答えを出してしまいます。

G:集団 -
複数の人間の空間的・心理的・目的理由その他な集まりのこと


T:共通の目的、達成すべき目標、
そのためのアプローチを共有し、
連帯責任を果たせる補完的なスキルを備えた少人数の集合体


そう、答えは「共通の目的の有無」です。

この共通の目的を持ってこそチームなのですが、
どうです?皆さんのチーム、この出所って
はっきりしていますか?

トップダウン、伝統、
なんとなく続いてきた理念的なものになぞらえていて
目的が選手の内側に届いていないと意味がありません。

毎年日本一を目指しているような
超強豪のチーム、学校はそもそもその目的ありきで
入ってきていると思いますが、
部活動のあまり盛んでない学校などでは
この目的は共有されていない可能性が高いのです。

その上、選手がどうしたいのか、
チームとしてどうするのか、
今日の練習の意義は、昨日の試合の振り返りは、
そういえばあの子どういう人だっけ?なんて…

チームワークに最も大切なのは
コミュニケーションです。

2時間の練習の内、
その大半をチーム練習に割くと思います。
何故なら日本では体育館を使える機会はとても貴重で
限られた時間だから。

もっともです。

ですが皆さんが築いてきた人間関係は
何もコート上だけではないですよね?

多くの時間を共有し、コミュニケーションを図り
色々なことを対話しながら、
その中でチームとして意識を高めていく。

そんな時間も練習の一つだと思って
取り入れてみては如何でしょうか?

皆さんのチームの「チーム力」が
もしかするともう一つ上のレベルに化ける、
かも知れませんよ。

バスケをするのは人間なんですから。

by wsba2014 | 2015-01-27 18:32 | コラム | Comments(0)

<社会人合同トレーニングキャンプ>

WSBAパートナーの㈱UPSET様主催の
社会人向けトレーニングキャンプ企画が
来週水曜夜(21日)に行われます。

以前は埼玉での開催でしたが
今回は都内五反田ですので
ご興味ある方はぜひご参加申込みを♪

井上亮馬氏によるコンディショニングは
的確な指導、且つ忘れかけていた熱量を
思い出させるホットなトレーニングです。

学生さんや18歳未満も参加可能とのことですので
詳細をご覧頂きお問い合わせ、お申込み下さい。

先日弊団体も取材させて頂きましたが
時間、内容からの費用をみると、
かなり「お買い得」おススメの優良セッションです!

http://www.upset-emg.com/blog/2014/12/post-88.php
https://www.facebook.com/events/1530891230499681/

by wsba2014 | 2015-01-15 13:25 | コラム | Comments(0)