人気ブログランキング |

勝つ為の準備

体幹トレーニング「も」大事


体幹トレーニング、
最近は馴染みの言葉になってきて
部活等でも積極的に取り入れているところが
増えてきているのではないでしょうか?

選手の皆さんもきっといくつかやった事は
あるでしょうね。

ところで、
バスケってどうしたら上手くなるのでしょうか?

バスケの練習、
ドリブルやハンドリング、シュート
フットワーク、パス、
地道なスキルトレーニングはきっと思いつくと
思いますし、やってますよね。

地道な努力や反復で
スキルは身につきます。
勿論レベルは頑張り次第。

さてここから。

最近良く聞く体幹トレーニング、
なぜやるのか?
ちゃんと理解の上にやっていますか?

パフォーマンスの向上に関して
日本は昔から割と軽視されているのが
身体作りの面です。

そもそも日常生活がそれなりにハード、
貧困も含めて遮二無二働き学ぶスタイルで
合理的、科学的、あえて時間を作り
身体作りをする文化がなかったのも一つの要因ですが
海外の人達に比べ、トレーニングが馴染んでいません。

ジムに行っても日本人の知識や意識の低さは
目に見えて解ります。

しかし、アスリートにとって
パフォーマンスを向上させることは
競技を行う上で必要なことです。

冒頭で体幹トレーニング「も」、としましたが
今トレーニングの重要性が浸透しながらも
所謂流行による部分的なものだけが
落とし込まれているように見えます。

体幹トレーニングをしているから
「足りている」と思っていませんか?

NBA選手にしても
体幹トレーニングだけしている訳ではなく
これはそもそも今までのトレーニングで
欠けていたコアの部分への重要性を押し出したもので
要するに「プラス」する要素なのです。

基本的にはウエイトトレーニングをはじめ
競技特性に合った的確な部位の筋力強化、
柔軟性、持久力など様々なトレーニングを
行う必要があります。

また、それを継続したり、
意志を貫く強靭な精神力も養う必要があります。


勝つ為の準備_a0326598_16052362.jpg

ここ最近思いますが
合理的、近代的、理論的なものばかりに
捉えられていませんか?

吉田沙保里選手などレスリングのトレーニングや
ラグビー選手のトレーニングなどと比較すると
バスケは知識理論の一部切り抜きが見て取れます。

バスケだってコンタクトスポーツです。
(ルール上はコンタクトNGですが)

パフォーマンスは身体あってこそ。
得たスキルのレベルアップは
関節可動域、筋力の向上により昇華します。

NBAやプロの夢はとても素晴らしい。
でもその言葉を口にする選手の大半が
緩んだふくらはぎ、膝回り、
全然身体が鍛えられていません。

クラシックなシューズを履くと
重くてまともにプレー出来ない。
そんなのも昔のプレーヤーより劣っている証拠。

日本の体育館はさほど変化なく、
最新テクノロジーのシューズにどれほど
サポートされているのかが解ります。

プロテインをいくら飲んでも
トレーニングしなければ栄養素の過剰摂取なだけ。

日本人では海外選手に勝てない。
違います。

そもそも勝つ為の準備をしていない、のです。

私達も当然新しい理論や手法は持っていますが
基本的にはそれを適用できる
強い精神と強靭な身体を持つ者が
夢を叶えることが出来る者だということを
知っています。

※ドーピングですら
クスリを飲んで効果が出るという事は
それなりに身体を鍛え上げてきているからなのです。
普通の人が飲んでどうにかなるものではありません。

幸いな事に昔よりトレーナーの方々が
しっかり二極化され、
アマチュアトレーナー(無資格、アルバイト的)と
パーソナルに相談を受けてくれるプロな人達が明確に分かれ
パーソナルトレーニングをして下さるトレーナーは
多くいます。

正しい知識、正しい方法で
本当に必要な事を薄い情報で済ませないことも
大切なことです。

ぜひ意識をして身体作りに挑戦してみて下さい。
あなたの一生懸命練習して得たスキル、
3か月後にはきっとレベルアップしている筈です。


トレーナーのご紹介はWSBAでも可能です。




by wsba2014 | 2017-06-29 16:07 | コラム | Comments(0)