人気ブログランキング |

元年終幕 ー0(ゼロ)の背中ー

元年終幕 ー0(ゼロ)の背中ー

栃木の優勝でBリーグ元年も幕を閉じました。
今現役の中高大学生、
そしてこれから本格的にチャレンジしようとしている
小さな子供達、本当に幸運だと思います。

まだまだ生まれたてですが
バスケットボールを職業に出来る、
その可能性が誰にでも十分にある。

遠い海の向こうへ渡らなければ
はるか彼方の雲の上、
あるのかないのか実際に目にする機会すら
なかったプロの世界。

レベルの違いは勿論ありますが
どんなにシンドイ練習をしようとも
学生時代をすぎればそれで食べていくこと等出来ない、
一体何の為に?と疑問を持つこともあった時代から
努力、才能、環境、様々な要因をクリアすれば
大好きなスポーツを仕事に出来る。

素晴らしい進歩です。


元年終幕 ー0(ゼロ)の背中ー_a0326598_15542014.jpg

その先駆けにいつもこの人がいてくれました。
今でも鮮明に覚えています、学生時代の無敵の九冠。
フェニックスの#1、現在でも唯一無二のNBA経験者。
そして初代Bリーグ王者。

36歳の田臥選手、173cmの小さな身体ですが
彼の背中はとてつもなく大きい。

いつまでも見ていたい、
しかし年齢の波はどのアスリートにも平等に訪れ、
彼が牽引してくれる時間も残り少なくなるでしょう。

それでも彼を超える選手が未だ現れない。

もうそろそろ彼に恩返し、恩送りをしても
良い頃だと思います。


元年終幕 ー0(ゼロ)の背中ー_a0326598_15545399.jpg


開拓者の開いた扉を再び閉ざしてしまわず、
やがては扉など存在しないかのように道を創り、
次々に高いレベルに挑戦してほしい。

指導者の方々も
育てているのは彼を超える存在だと
意識しながら選手と共に己も高め、
既成概念、固定観念を打ち破り、
大海に帆を上げ海を渡す船になってほしい。

この偉大な0(ゼロ)の背中を越えて
世界に羽ばたき、日本のリーグを押し上げていく
次なるゴールデンエイジの誕生、育成に
更に力を注いで行きましょう。

選手の皆さん。
NBA、Bリーグに行きたい!と夢を語りつつ、
今まさか砂糖たっぷりのジュースなどを
手にしていませんよね?
高々数時間の練習で疲れた、とか
僅か数キロの道のりを電車、
親に送り迎え、車やタクシーで楽してませんよね?

彼以上にならなければ世界など夢物語、
彼以上になるには彼以上の練習や
より厳しい日々の鍛錬が必要、なのは
言うまでもないですよね。

173cm、スペシャルなサイズではありません。
彼だって直ぐに伝説になった訳ではないのです。

今頑張るかどうか、そこが分かれ道。
どんなチャンスも逃さないという気持ちを持って
チャレンジを続けて下さいね。
皆さんにはバスケで自分や家族を食べさせていく、
「道」があるのですから。

栃木B、おめでとうございました!


元年終幕 ー0(ゼロ)の背中ー_a0326598_15551941.jpg


by wsba2014 | 2017-05-27 15:50 | コラム | Comments(0)