人気ブログランキング |

留学への道

バスケのために、アメリカの高校へ
行ってみたいなど考えているバスケ選手たち、
または家族の方へ
なかなか留学についての情報が、入ってこない
どこに行けばわかるのか分からない方に
アメリカでの体験などもふまえて、
これから情報を流していこうと思います。


アメリカ高校留学1

🇺🇸アメリカ高校留学について

海外からの子供たちが、アメリカで高校に通うとなると、
大体が私立(Private high school)に通うことになります。
私立と公立の違いは、大きく言うと
私立の方はどこから来た(学区など)子供でも
受け入れることをしており、
公立の方は学区内の子供たちが優先になり、
あまりインターナショナルの子供たちの
受け入れをしていない所が多いです。
通常、高校には入学試験はありません。

アメリカの高校では、一般常識はもちろん、
世界はどう動いているのか(歴史)
それに対して自分の考えは何か、
自分はどう生きていくべきかなど、
日本の学校生活と違い
テストの為に勉強していくスタイルではありません。

私もアメリカに来て、若い子たちが
自分の考えをしっかり持っているのに驚かされました。

アメリカでは、小学校の頃からエッセイなどを
書かなくてはいけない宿題が出され、
ただ答えを覚えてテストでいい点を取ったらいい
という勉強スタイルではないのです。

自分の個性を伸ばし、
自分というものをしっかり知って、
世界のどこででも暮らしていける強さを学べる場でもあります。


🇺🇸「留学」するという事

日本で暮らしていると、みんなと同じ事をする、
違うことをすると叩かれるというスタイルを常に感じます。
その中で、アメリカに留学する
という決断をするのは本当に大変な決心です。

息子の通っていたアメリカの高校に、
二人だけ日本からの留学生が居ました。

最初その高校に来た時は一切英語が話せなかったのに、
卒業する時には堂々とみんなの前で
スピーチが出来るまでになっていました。
ホームシックにもなったと言いますが、
アメリカでたくさん色んな経験ができ、
今では全部がいい思い出だと語ってくれました。

アメリカでの生活は、簡単なものではありません。
しかし、日本で暮らしていて窮屈に感じる、
人と同じでは嫌だ、スポーツで成功したいという子には、
留学はとてもオススメできます。


🇺🇸寮生活について

インターナショナルの子供たちは、
大体が学校の寮やホーム
(学校が持っている一軒家に住むスタイルで、
学校からのボランティアの大人が一軒に一人いる)
に暮らします。

夏休みや冬休みなど長い休みの時は、実家に戻ったりします。
戻れない子たちは、ホームステイ先を探したりして、
アメリカにとどまります。

学校では、カフェテリアで朝食、ランチ、夕飯をだしてくれ、
インターナショナルの子供たちはそこで毎日食事をします。

週末には、学校側が様々なイベントを行ってくれます。
(ショッピングモールツアー、ボーリング、
映画、アイススケート、ハイキング、プールなど)
様々な国から来た子供たちと一緒に生活を共にして、
お互いに外国語となる英語を駆使して生活し、
励まし合い、助け合ったりできるようです。

次回は、アメリカの高校の種類についてです。


by wsba2014 | 2017-06-05 17:30 | アメリカバスケ情報 | Comments(0)